オーディオ ビジュアル 専門 Net Sound And Cafe Audio へようこそ!!

B&W(Bowers & Wilkins)ブックシェルフ型スピーカー(ローズナット)"新700シリーズ" 705S2 MR(ペア)

308,800円(内税)

定価 345,600円(内税)

メーカー保証5年保証
購入数
【新品・送料込】

このシリーズで最も優れた性能を誇るスタンドマウントスピーカーの705 S2は、完璧なサウンドクオリティを実現するために、スタジオからヒントを得たテクノロジーを採用しています。

新700シリーズブックシェルフ型スピーカー最上位機種モデル。
800D3シリーズ譲りのツィーター・オン・トップデザインに新開発のカーボンドーム・トゥイーターを搭載。
妥協を許さない高性能2ウェイ・スピーカーに仕上がっています。

◆800D3シリーズで導入されたテクノロジーを導入し生まれ変わった新700シリーズ

◆新開発のカーボンドーム・トゥイーターを搭載

◆80D3シリーズの特徴でもあるコンティニュアム・コーン・ドライバーを採用

◆カーボンドーム・トゥイーター
Bowers&Wilkinsの全く新しいトゥイーター技術、カーボン・ドームを導入。
600S2シリーズで使用したアルミニウム製ダブルドームと、800シリーズDiamondで使用したDiamondドームの性能ギャップを埋めるトゥイーター技術です。
カーボン・ドームは2つの部分で構成されており、前方部はカーボンのPVD(物理蒸着法)コーティングによって硬化させた30ミクロンのアルミニウム製ドームです。
もう一つは、メインドームの形に合うよう中央部が切り抜かれた300ミクロンのカーボン・リングで、メイン・ドームの内面に接合されます。
その結果、質量を過度に増やすことなく、また、高域一次共振周波数を47kHzまで上げることで、優れた剛性と音の歪みへの耐性を実現しました。

◆ソリッド・ボディ・トゥイーター
705S2と702S2のトゥイーター・オン・トップ部に、ソリッド・ボディ・トゥイーター・テクノロジーを採用。
この設計は、800シリーズDiamondに用いられた方法を受け継いだもので、性能面で同じメリットが得られるものです。
より剛性が高く、共振を抑えた構造にするため、705S2と702S2では、空洞のある亜鉛ハウジングを用いる代わりに、無垢のアルミニウムを切削したものを使用しています。
1kg超の質量があるため非常に安定しています。

この構造を採用したことにより、トゥイーター・ボディをヒートシンクとして用いることができ、800シリーズDiamondと同様のデカップリング構造と開口率の高いグリル・デザインを採用できました。

◆コンティニュアム・コーン
新700シリーズの各モデルには、800シリーズDiamondで初めて導入されたコンティニュアム・コーン・ドライバーが用いられています。
コンティニュアム・コーンのデザインは、最適化かつコントロールされた柔軟性を基にしています。
これは、従来のドライブユニットの開放性と中立性を劇的に損ねる、ピストン・モーションから分割共振モーションへの急激な移行を防ぐのに役立つものです。
従来のケブラーを用いたデザインを継承しながら、より良い音を再現することができます。
このコーンはケブラーと同じ織物複合材で、分割共振の制御に優れており、より心地の良い繊細な中音域を再現します。


形式:2ウェイ・バスレフ型

ドライブユニット
1x25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター
1x165mmコンティニュアム・コーン・ミッド/バス

周波数レンジ:45Hz〜33kHz
周波数レスポンス:50Hz〜28kHz(基準軸に対し±3dB)
感度(軸上2.83Vrms):88dB
高調波歪:2次及び3次高調波(90dB軸上1m) <1% 100Hz〜22kHz <0.5% 150Hz〜20kHz
公称インピーダンス:8Ω(最低3.7Ω)
寸法:(幅)200×(高さ)407×(奥行)301mm ※グリル・ターミナル含む
質量:9.3Kg(1本)
スピーカーケーブル別売り


※仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、最新情報はメーカーサイトにてご確認ください。

メーカーサイトはこちら

※こちらの商品は、発送まで10日程かかる場合がございます。

おすすめ商品

Copyright© Sound And Cafe Audio All Rights Reserved.